2018年の振り返り

2018年の「1年の振り返り」をしてみたいと思います。ここのところしてませんでしたが,一応これまで通りで,観点は以下の通り。

1) 授業、2) 研究、3) センター内業務・学内業務、4) 家族、5) 趣味

1) 授業
授業のスタイルという点では比較的固まってきたというか、若干マンネリなところもあるかもしれない。もう少し柔軟に対応したりすべきところかなぁとは思うけど、新しいことに挑んで試行錯誤の錯誤が怖いというか…。

基本メニューとしては,どの授業でもMystery wordsという語彙を説明して当て合いをする活動(プラス書きバージョンも)や,1分間ペアで簡単なトピックについてやり取りを進めて振り返りを行うOne minute chatを取り入れているようにしている。

それから,Quizletを使って単語学習を行うのも定番になった。後期のcommunicationでは単語の後ろに○や.でアクセントを表すようにマイナーチェンジ。

Literacyの授業では,ライティング課題を入れるようにしていて,前期は「入試問題をもう一度」課題とTEOFLのライティング問題から選択して300単語以上で書くように求めている。後期はNew York Timesのlearning networkからトピックを選択するようにしてみた。フィードバックに時間はかかって大変なのだけど,一生懸命書いてきているので,それにはやっぱり応えたいと思ってやってる。

Communicationの授業とProductiveで入れている発表系のタスクはもっとscafoldingをうまく手だてしないといけないなぁと思う。

大学院の授業でAcademic Communicationという要するに英語プレゼン講座のようなものを担当できたのはよい経験だった。留学生の多い小グループで,プレゼンとポスタープレゼンとを複数回実施することができた。

今年も後期に非常勤で教材論を担当させていただいた。前年度の反省を生かそうと,活動編・発音編・教材論講義編と明確な構成を取り,また教材論については英語文献を読むという方針にしてみている。どう出るかはよく分かんない。

2) 研究

3月にシンガポールで口頭発表1本,オーストラリアのウーロンゴンで口頭発表1本。

8月に教員免許状更新講習で2時間ほどお話させていただき,10月には,兵庫教育大の有働先生のお声掛けで英語音声教育実践研究会にてお話をさせていただく機会を得ました。いずれも磯田先生と共同研究しているプロソディ指導の3つの原則のイントロと活動例の紹介で,現職の先生方のリアクションを得る貴重な機会となった。

でも論文が…。3月にセンター紀要で前年の全国の発表をまとめたものを1本…。いかんな…。

研究,にはカテゴライズできないけど,今年は学会業務が大忙しだった。なんとか無事に大きな大会を終えることができ,学会の事務局長も引き継ぐことができた。そもそも私なんぞが大会の事務局を担ったり,学会の事務局長を務めること自体に無理があったので,周りの皆様のサポートがあったからこそってことを痛感した次第(周りの皆様もこいつはもうあかんと痛感していると思います)。

3) センター内業務・学内業務

メディア部門の部門長でありながら,きちんとした仕事ができているとはとても言えず,各所にご迷惑をおかけしてしまっており,反省の1年でした…。

その他,センター内での動きには十分についていくことができておらず,木偶の坊状態。申し訳ございません。

大学院の方では広報委員長となっており,大学院のオープンキャンパスを運営しました。こちらの方も今後の課題が浮き彫りとなりました(それ自体はよいことなので,今後委員会で検討して次年度に引き継ぎたいと思います)。

4) 家族など

いろいろな変化のあった年,みんなバタバタバタバタした一年だったねぇ。それでも子供たちはここまでよくがんばってるなぁと思う。子供たちに支えられてるとかなんてないわぁと思ってたけど,こういうことなのねって感じ。

5) 趣味

映画はほとんど行けてないなぁ…。子供向き映画は数本行ったけど,毎度映画泥棒を見た後寝てしまう…zzz で,はっと気づいたらお話はえらい展開してたというパターンのやつ。

出張の時の飛行機で見た映画は良かった(「カメラを止めるな!」と「Ideal Home」)。

あとはHuluとNetflix,Amazon primeでbinge watching(the big bang theory, how to get away with murder, marchela, line of duty, better call soul, brooklyn 99, comedians in cars getting coffeeなどなど,仕事が行き詰まるとbinge具合に拍車がかかる…となると趣味というよりは仕事の一環みたいなところもある)。

小林賢太郎のパフォーマンスには必ず行くようにがんばってるつもり。例年3月なので,次の3月のも行くよう鋭意申し込み中。

あえてもう一回

前期試験のライティングの問題をもう一回書いてもらう活動をしている。試験問題は40単語,60単語の語数制限があったのだけど,100単語以上,150単語以上として,かつ事前情報としてウェブサイトの関連記事を踏まえるようにした。さて,どうなりますやら…。

4月も終わりかけ

あっという間に4月も終わりかけ、連休が目前に、なんて時期に。

授業は毎度のことだけど緊張の連続。なんらかの期待を持って臨んでいる(といいな)学生を裏切りたくないなぁと思うと、ものすごく責任が重くのしかかってくる感じ。でも、やりがいといえばやりがいでもあるんだろうけど。

たった1年だけど、2年生はよくも悪くも大学生だなぁ(笑)、とか、学部のカラーってあるなぁ、とかは、この時期の風物詩。

今年はmoodleを使い始めた。教材置き場が現在の主たる使い道だけど、今後もう少し工夫ができればとは思ってるけど…。

またあいた

またずいぶんとあいてしまいました。

1月もあっという間に終わってしまっておりました。1月頭から中旬は修士論文の提出に向けてのproof readingの投げ合いっこで、中旬から下旬は、授業では実技試験が実施され、学会のお手伝いやら、修士や博士論文の発表などが佳境に入った感じでした。

修論 出せた 本人も私も勉強になった
授業 実技試験 準備の有無が雲泥の差をって当たり前っちゃ当たり前 覚えてほしかったなぁって人がたくさんで残念
修論・博士論文の発表 勉強になった
学会のお手伝い 十分にお手伝いできてないなぁと思いつつ。

で、昨日(2月3日)は、鬼になってました…。ま、例年通りか。それにしても、本気で投げてきたなぁ…(泣)。

あ、年明けからちょっと食事の量を意識して、年末年始についた余分な体重を3キロぐらい落とした。でも運動しないとなぁ。

もう中盤。

13日(月)
心、早寝早起きキャンペーン中につき、「ばんがって」(がんばって)起きてくれる。お陰で割と早めに出勤はできるので、助かっている。


授業の準備を整えておいて、会議。会議はうーん…な内容。どうなっていくかなぁ。と、いろいろ話し合っているともう1時過ぎ!! ってことで、ダッシュで授業へ。

ってこともあって、ちょっと落ち着かない感じで授業が始まり、3・4コマを。
3コマ、オーラル。頑張って練習してくれるので、ありがたい。少しずつ表現、内容をしみ込ませて欲しい。
4コマ、オーラル。カーペンターズの終盤。こちらはちょっと落ち着かない雰囲気(反省が生かされていないなぁ…)。歌は声が出てるのでそこはよしとするけど…。

14日(火)
心が「ばんがって」早起きしてくれたので、無事に9時前に健康診断@保健管理センター。こちらに赴任してからというもの、運動はぱったりなので、体重が順調に増えている…。自転車で打開しようとしたが、自転車は家に鎮座している…。なんとかせねば。

院授業。卓立とイントについて。自分の領域なので(?)しゃべりすぎる…。

アンケートについて検討。

15日(水)
1コマ、オーラル。内容理解で停滞するのをなんとかしたいのと、練習がちょっとマンネリなのかなぁ、もっと忙しくしてもらった方がいいのかな。もうちょっと構成を考えないととも思うのだけど、あまり目まぐるしく変化するのも落ち着かないかなぁと迷ってる。

予習プリントチェックしたり、来年度の教科書検討してたらあっという間に時間が過ぎて、定例会挟んで、ハブ室のTea Party。盛況だったのでよかった。途中で失礼して帰宅、夕食係。例によってパスタ。

12月第2週

6~9日いろいろあった…と思う。


10日(金)
会議、
院生発表会、盛りだくさんだったけど、皆それぞれに頑張ってたかな。担当ゼミ生さんは、課題が浮き彫りになったと言えばなったと思う。ま、ゼミで想定していた指摘が多かったので、そこをもっと頑張って改善していかなければ。M2は追い込み、頑張って下さい。

院生との忘年会、横川先生ゼミの学生のキャラの濃さに驚かされる。飲み過ぎた…。最後のギネス一杯につきキーホルダー1つってのが効いた(3種類ある)。あと1つ、だったけど無理だった…。

11日(土)
 二日酔い気味。母に心を預け、街へ。奥さんにクリスマスプレゼント。それから心のプレゼント候補(from じいじ、ばあば用)を偵察に。

12日(日)
日帰りで研究会@明海大。お勉強。帰りの新幹線が遅れて面倒なことに…。

課題山積

授業
来週は中間テストを実施する、ってことで、今週はテストのお知らせを。ここのところ割と定番になっているので(形式が)、説明してお知らせプリント配ってって感じ。ここについても来年度は考えないといけないなぁと。

書き物
とりあえず校閲に出して、今週末に。内容的にはつめるところがまだあるような…。うーむ。

外食続きの1週間

25日(月)
3コマはニュースのイントロに少し焦点をあてつつ練習を入れてみた。もう少し練習とディスカッションのメリハリをつけないといけないですね。まだ私の方での仕切りがうまくいっていない感じ。でも、明るく、練習を頑張ってくれているクラスだなぁとか思いつつ。


4コマ、グループプレゼン初回。予想よりはましな出来。だけどもっとちゃんとできるはずだけど。ポリスの歌の中身を確認。とは言え今は好意的に受け止められ、実際ヒットしているいい曲。

授業では漫画発見、じっとみつめて、そっと減点(笑)。

奥さん今週は厳しいってことで、遅くなったので外食。近所にトンカツ屋がオープンしてたので行ってみた。が、残念、失敗。うーん。

26日(火)
大学院の授業。子音編。やっぱり説明だけでなく実際に出さなきゃってことでいろいろ出しつつ。ウチは教員養成系とかではないので当然なのかもしれないけど、教員志望者に音声学・音韻論の背景がまったくといっていいほどない。

ちょっと早めに出て、今日は私ご飯担当。って言ってもいつものパスタ。心もちゃんと食べてくれたので良かった。

27日(水)
1コマ、トピックが幹細胞の話とかで難しい(とこっちが思った)こともあり、説明的になりすぎた。結果、学生側がぼんやりすることが増えてしまったように思う。内容と練習とのバランスをどう取るかが課題。

28日(木)
ハブ室では、最初来ていた学生同士が会話してたので、私は自習。で、そのまま自習になってしまった。なんか私が入るタイミングを失ってしまった(苦笑)。

4コマ、ゼミでは明日の発表を前にどうするか。データの提示にはいろいろ考えさせられるところ。

今日も奥さん遅く、外食で、ってことで、摂津本山駅前のラーメン屋六三六へ。ベジポタってジャンル(?)で面白い味。店員さんがもうちょっと元気だったらいいのかな。

29日(金)
大学院生の論文進捗発表会。毎回いろんな発表で勉強になる。コメントの入れ方なども先生方の発言などから勉強になる。

そのままコースの会議になだれ込み、それが終わったら英語教員での会議、その後も続けて打ち合わせやら話し合いやら…。であっという間にお迎え時間。

奥さん、怒濤の1週間、ってことで今日はクワンチャイにて宅配。この1週間、エンゲル係数高っ。

ともかく奥さん大変でした。週末はゆっくり休んでね。

1か月ほど

1か月ほどため込みました。ざっくり振り返り。

7月11日~

PLL18準備、発表準備。準備を十分にお手伝いできず申し訳ない気分。

PLL18運営お手伝い。やっぱり国際学会って雰囲気違うなぁとか。

PLL18発表。発表の練習や資料作成に際しては、磯田先生、田頭先生、鬼田先生のお世話になる。ありがとうございました。

全国英語教育学会大阪研究大会準備(予稿集のもろもろ)。予稿集担当の先生方にお世話になりっぱなし。関係各所に問い合わせをしつつ、修正に次ぐ修正。良いものになりますように。

授業はリーディングで一喜一憂、オーラルでも一喜一憂、発音楽しく授業はさせてもらってますけど、プレッシャー大、院の授業は考えること多し、って感じかな。

23日 一つおっさんになる。 あ、暑気払いの日でした。2次会では意外なメンバーでのカラオケで(あ、私は全く歌いませんでしたが…)、大変楽しませて頂きました。

前期末試験(実技試験、ペーパー試験)。採点の祭典、ぼちぼちと。

全国英語教育学会大阪研究大会準備(予稿集のもろもろ、その他)

~って感じで、8月4日まできました。

途中、心と奥さんが広島にちょろっと行ったりした。心はほんの数日みないだけで一気に言葉が増えて(=生意気になり 笑)、お兄さんになってきている。お風呂でシャワーを頭からお湯をかけれるようになった(今頃!?とか言わないで…)。