近畿地区高専大会終わる

台風が通過すると言われる時期に大会が開催されました。幸い舞鶴は近畿でも北の端で、台風の影響が少ないところでしたので、実施上問題はありませんでした。とは言え、結構な雨に降られてはおりましたが。

結果は以下の通り。
男子団体予選リーグ
明石 1-2○神戸
明石○2-1 和歌山
明石 1-2 舞鶴
得失セット数により、2位が和歌山、3位明石、4位舞鶴となり、明石の予選通過はならず。

女子個人
予選リーグ通過ならず。近大の壁は厚い、厚い、厚すぎる。

男子個人
予選リーグ通過2ペア(岡村・榮永、宗吉・鈴木)
決勝トーナメント
ベスト8獲り
宗吉・鈴木 3-4○神戸高専
ベスト4獲り
岡村・榮永 3-4○近大高専

と、結果だけ書くと、「なんかそんな悪くないんちゃうん?」って感じかもしれませんが、ゲームに向かう姿勢、それまでの準備、前日の準備などなど、もろもろが非常に悪かったです。

部活自体のあり方を本当に考えないと、部活というよりサークルという様相を呈してきています。サークルでよい、というのであれば、そうなのかもしれませんが。部活として、大会に出て、頑張りたいと思っている学生が少しでもいてくれれば、その学生のためにサポートをしたいと私は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です