イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に行ってきた

6日(日)

西宮市大谷記念美術館で開催中の「2009イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
」へ。奥さんの同僚のALTが教えてくれたのと、私も巡回しているとある先輩のブログで見てたのもあって、行きたいねぇ、とお互いが思っていたもの。
車では混雑するかも、と思ったので、電車で。駅からも結構近かったので、問題なく。
心を連れて行っても大丈夫かなぁと思いつつ、入り口へ向かうと。たくさんの子供連れがいたので安心した。
それぞれの作家さんについて5枚の絵が展示されていた。これはcompetitionのルールらしい。それらの5枚は話の流れに沿っているため、何となくお話が分かったりもする。お国柄が出ている感じのものもあれば、作家さんの個性が強烈に出たものもあって、楽しく見ることができた。動物が出てくるものも多く、心も楽しんでいたようだ。いろんな形のゾウにも(およそゾウとは思えないものまで!)、ちゃんと「ゾウさん」と反応できるのだなぁと改めて。
2階には絵本を読めるコーナーもあったりして、何冊か心と読んだ。つーか、心、それ家にあるやつやがな・・・(ちなみに「もこもこもこ」でした)。
ショップで、賞に絡んだ1冊を含む3冊の絵本を購入。奥さんはポストカード、クリアファイルを購入して、満足。
ランチを、と目指した洋食屋さんが岡山に移転してて閉店。仕方なしに入ったところがダメダメで、がっかり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です