バタバタしてるくせに

23日(祝)
書き物しろやって感じなのですが、家族サービスもってことで、2年ぶりに六甲山牧場へ。下にいるときは天気はそこそこ良かったのだけど、風が強く、冷たいっ!!!!!!

着いたとたんに「風がつよいー」、「寒い~」、「抱っこー」…。2年前は物おじせずにがんがん近づいて羊をさわっていたのだけど、今回は「怖いよ〜」と言って近づこうとしてくれず。ま、いろいろ変化があるんだねぇ、と。

あと、こんな本を読んでみたり。太鼓持ちではなく、いい距離でM-1という「現象」を記したものという感じで面白く読みました。…とは言え、これまでの大会のことを思い出しつつ読むので、結構読み手の感情が揺さぶられたり。ベタなところかもしれないけど、チュートリアルのチリンチリーン、や笑い飯奈良県立歴史民俗博物館鳥人はやはりすごかったなぁと改めて。あと、島田紳助を悪く書くことは簡単なのだけど、これまた程々の距離を取ってM-1での文脈でちゃんと書いてたのは好感が持てたような。

M-1戦国史 (メディアファクトリー新書)
M-1戦国史 (メディアファクトリー新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です