おっと

追試の連絡を事務の方にすると、対象者の日程が難しくなるかも、との連絡。むむっ。来週中で調整を依頼してみるが、対象者との連絡がうまく取れるかどうか、心配。こういう時は大学って大きいのね、と。前任校だと放送で呼ぶ、担任に連絡、という手が使えたのだけど…。

ともかく、頑張ってほしいなぁ。

CALL教室の動作確認…と言っても私はいるだけ。結局不具合が見つかり、後日再度動作確認をすることに。この辺のこともちょっとずつ勉強しないとなぁ。

<読了>
西原理恵子. (2009). 『この世で一番大事な「カネ」の話』. (理論社YA新書). 東京: 理論社.
筆者のこれまでを振り返りながら、はばかられてきた「カネ」の話を正直に語ったもの。仕事に関する以下の記述が印象に残ったので引用。
「 でも、こんなふうに考えてみたらどうだろう。「やりたいことがわからない」、その問いに向き合うためには「カネ」という視点を持つのが、いちばん、シンプルに見えてくるものがあるんじゃないか。
(中略)
 「カネとストレス」、「カネとやりがい」の真ん中に、自分にとっての「バランス」がいいところを、探す。
 それでも、もし「仕事」や「働くこと」に対するイメージがぼんやりするようならば、「人に喜ばれる」という視点で考えるといいんじゃないかな。自分がした仕事で人に喜んでもらえると、疲れなんてふっとんじゃうからね。」(197‐198)」
他にも、「最下位には最下位の戦い方がある!」とか印象に残ったことばが結構あって面白かった。ホント、よりみちパン!セは大人もしっかり読める面白い本を出してるけど、配架場所が児童書籍の場所で探しづらい(苦笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です